スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
<< 沖縄んライブ☆ | main | こっさん祭り、終了! >>

香取慎吾ミュージカルin NY


 「TALK LIKE SINGING」

香取慎吾・主演、三谷幸喜・作、演出のミュージカルがNYにやってきました。

って、もう11月の終わりのことだけど、、、

私は、SMAPがNY入りした(らしい)次の日、11月17日の公演を観にいきました。

私の感想、、、共演の川平慈英さんがとにかくすごいなあ、、、と感じました。

彼のエンターテイナーっぷりは、あっぱれでした!そして、英語も流暢で、さすが!さらに歌もダンスもうまくて、そしてコメディセンスも抜群。おそらく日本人以外の人には、慈英さんが主役のように映るのではないだろうかと、思いました。

話の内容は、結構哲学的で、「言葉というエネルギーの大きさ」のようなものを考えさせられるような感じでした。さすが、言葉を操る三谷幸喜、「言葉」について日ごろからいろいろ感じているのだろうと思います。・・・あたりまえか、、、

とはいえど、見た目的にちょっと幼稚っぽいというか、(香取さんの演技が・・・?)、特にミュージカル慣れしているこちらの人々には、内容の深さが心に触れる前に終わってしまっているようでした。
こちらの人は、見た目の派手さとか、レベルの高さとか、見た目に面白いかとか、とにかく表面をまず見て評価する人が多いですからね。。。

私が感じたのは、音楽がキャッチーじゃないなあ、ということでした。
バンドのみなさまは、TORI4TH、という方々で、とてもレベルの高いジャズバンドでした。この人たちめっちゃかっこよい!しかも演技までされてました。
だがしかし、音楽自体が、、、芝居と芝居の間奏部分はとてもミュージカル的で、ミュージカルをすごい勉強されてるんだろうな、、、と思ったのですけど、肝心の大事なシーンの曲たちが、いまいち耳に残らない・・・
これが、ソンドハイムのような、ロイドウェバーのような、よくわかんないけど、耳に残ってしまう彼たちの音楽のようだったら、もしかしたら、こちらの人の評価はもっと高くなったのかもしれません。あと、香取さんの歌唱力・・・

ちなみに、NYタイムズの評価、相当たたかれていたらしいです。私は、実際目にはしてないのですけど、噂に聞きました。

ちなみに、日本人の評価はというと、、、ザ・賛否両論ですね。

ちなみに、私が観た時の、周りの人の感じは、結構みんな楽しんでいるようでした。コメディ部分は、アメリカ人も大笑いしてました。

ちなみに、私が観た回、キムタクが観てたらしいです。会場の様子がおかしかったです。

私的には、ミュージカル自体は残念な部分もあったけど、日本人が海外に出てがんばることは、喜ばしいことだなと思うし、私自身そうであるから、さらに気合いをいただいたというか、、、
そして、実は奥深い内容のミュージカルだと、私は感じました。

以上、「TALK LIKE SINGING」について、でした。

終わり。



| - | 01:51 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 01:51 | - | - | pookmark |
Comment
フムフム なるほど
日本では1月に赤坂アクトで公演しますが、フアンクラブで売り出し前から、ソルド アウト状態です。

でも、日本とNYが近ずくことはいいことだ。
2009/12/03 1:03 PM, from キャンティー









Trackback
url: http://dance-is-life.jugem.jp/trackback/104

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM